ずっと欲しいと思っていたピコグリル398を買いました!
YOUTUBEのキャンプ動画で有名な芸人のヒロシさんも使っていることでも有名です。
とにかく数ある焚き火台の中でも、薄くて軽い焚き火台で、ソロキャンプやバックパックキャンプをしているキャンパーさんにおススメの商品です。
初めてのキャンプギアレビューなので頑張ります。

ピコグリル398の基本情報

【基本情報】
・組み立てサイズ:38.5×26×24.5cm
・収納サイズ  :33.5×23.5×1cm
・組立時サイズ :38.5×26×24.5cm
・重量     :約 442g
・素材     :ステンレス
・付属品    :収納ケース、スピット2本(※別売りのところもあるようです)


スイスSTC社製の焚き火台です。

様々な焚き火台が発売されていますが、サイズ感が大きく、ファミリーキャンプなど複数人での使用を想定した商品も多い中で、バックパックに入れて持ち歩けるサイズ感と重量で本格的な焚き火調理までこなせる焚き火台として、世界中のキャンパーから愛され続けています。

折りたたむとフラットになり、A4サイズを一回り大きくした程度のサイズ感に収まります。

付属の収納ケースに入れれば、バックパックの内ポケット?(ノートPCとかを入れるスペースのことを言いたい、、、)にもスッポリと収まってしまいます。

組み立ては、説明書不要でめちゃくちゃ簡単!枠組み広げて、薪乗せるステンレス製の火床をはめ込むだけ。

スピットというピコグリル用の串を乗せれば、その上にクッカーやスキレットを乗せて調理も可能。スピットに肉やウインナーを刺して直火焼きを楽しむ方も多いようですね。重い鍋を乗せてもぐらつかず安定しており、細身で軽い印象とは逆に、どっしりとした安定感があります。

ステンレス製の火床は、くの字型に窪んでおり、細かいスリットが入っているため、下からの空気の通りも良く燃焼効率が良い点も評価ポイントです。燃焼効率が悪いと、燃え残りが残りやすかったり、薪が湿っていたりすると途中で火が消える要因になったりしてしまいますからね。

私が購入したのは398ですが、倍の大きさの760も販売されています。

ピコグリル398のネガティブポイント

これに関しては、本当にあえて言うならばって感じなんですが、、、薄く軽くて使いやすいピコグリルですが、焚き火台として利用していると、火床のスリットの部分から火のついた燃えカスが少し落ちてしまいます。

最近は、よくキャンプ場での焚き火の処理などマナーの問題が取り上げられています。このマナーの問題って、本当に真剣に考えなければいけなくて、このマナー問題の情報を見るたびに私は釣りのことを思い出してしまいます。

私は、釣りもするんですが、釣りでもここ数年マナーの問題がとても大事になっていて、一部のマナーを守らない釣り客のせいで釣り場の漁港が釣り禁止になったりしているんですよ。

キャンプも最近のキャンプブームで人口が増加しています。マナーを守らない方の行動が目立つようになってしまうと、特に無料のキャンプ場などはキャンプ場の閉鎖や有料化などに繋がってしまいます。一人一人がしっかりとマナーを守ってキャンプを楽しむべきだと思います。

話が逸れましたが、ピコグリルの利用は、地面へのダメージを気にしないでも良い場所を選んだり、芝の上などで 焚き火をするなら、ピコグリルの火床の下に100均のステンレスプレートを置いたり、防炎シートを敷いて利用している方が多いようですね。

ピコグリル398のお値段と買い方は?

どういうわけか、アマゾンに出品されているピコグリル398は、かなり割高です。
キャンプ用品の買い物では、私もアマゾンをよく使いますが、ピコグリル398に関しては、アマゾンでの購入を全くおススメできません。

私は、ネットでアウトドアグッズ販売を行っているWANDERLUST(http://wanderlust-equipment.com/products/picogrill-398/)で13,100円(税込)で購入しました。

購入する場所によって価格が5,000円~10,000円以上違ってくるため、注意して購入してください。

後日使用した感想

薪をそのままのサイズで燃やせる手軽さが良いピコグリル398

ピコグリル398をキャンプで使用してきました。

この日は、電車で行くバックパックキャンプだったのですが、やはりピコグリル398の薄さと軽さは、こういった装備を絞っていかなければならないキャンプで、最高に相性が良いですね。

焚き火台をバックパックに入れて持って行っても、何の負担も感じませんでした。

ピコグリル398を使って、焚き火でケトルを使ってお湯を沸かしたり、スキレットで肉を焼いたりしたんですが、スピットが良い役割を果たしており、思っていた以上に安定した調理が可能でした。

もう少し火力が欲しいという時は、火床に直接ケトルやスキレット置いて調理することもできました。

また、横幅に自由度が高いので、長めの薪もそのままドンと乗せることができる手軽さはありがたいです。

燃焼効率も文句なく、焚き火の後は、ほとんど灰になっており、燃えカスも少なかったです。できる限り軽装のキャンプなら最高の味方になる焚き火台であることは間違いないです。

おすすめの記事